産業医の仕事内容と働き方を知って応募しよう

産業医の仕事内容はこれ

産業医は労働者の健康管理等を事業場において、指導・助言を専門的な立場から行う医師を言います。労働安全衛生管理法により、産業医の選任が一定の規模の事業場に義務付けられています。産業医の職務は、労働者の健康を保持するための措置に関する事を健康診断及び面接指導等の実施及びこれらの結果に基づくいて行う事です。維持管理を作業管理に関することや、保持増進を図るための措置を健康教育や健康相談から行うようにする等です。

産業医の働き方はこうだ

産業医の働き方は、専属産業医として働くと収入が企業からだけで生活が出来るようになります。土・日・祝日と休日がきちんと取れるので、忙しくない働き方出来ます。勤務内容は主に労働者と100時間以上面談をして、休職や復職に関する内容を面談します。労働衛生委員会への参加をし、複数の企業の非常勤産業医になると職場巡回視が出来るので収入が多くなります。若い医師が産業医になると臨床現場の医師に収入が越されるため、年数が経ってから産業医に代わると年収がアップします。

産業医の巡回健診とは

産業医の巡回健診は、従業員が常時50人以上の企業に産業医の専任が労働衛生法により義務付けられています。定期検診も、職場では義務です。レントゲン車による定期健康診断や、生活習慣病や婦人科健診や特殊健診などの幅広い健診を行います。専門医が診断することにより、精度の高い健診を提供出来ます。職場内で行えるため、定期健診のために1日休む必要がなくなります。慣れた職場で行えるためストレスが制御出来て、移動時間の短縮になります。

50人以上の従業員を抱える企業では、産業医の募集が必要で、産業医は職場での環境改善や従業員の健康管理がおもな仕事です。