自分らしく働く!医師アルバイトの実態とは?

ワクチンの季節だけ働く

最近では、医師としてアルバイトに従事している方が少なくありません。そんな医師のアルバイトの一つに、ワクチンの季節だけ働くというものがあります。特にインフルエンザが流行する前などが患者が急増するため、アルバイトとしての医師を増やす傾向にあります。季節限定で働くことが出来ますし、短い期間で稼ぐことが可能ですので、医師アルバイトとして非常に人気が高いのです。実際に注射をするのは看護師である場合が多いので、医師は診察を中心にすることが多いでしょう。

健康診断の場という選択

次に、健康診断の場で働くという選択肢もあります。健康な人たちを診察するだけですので、思わぬ残業をさせられることもありませんし、精神的ストレスも少なくて済みます。また、短期間で集中して稼ぐことが出来ますし、専門的な知識も必要ありませんので、気軽に応募することが出来るというのも人気の秘密です。決められた場所で多くの医師や看護師と連携しての仕事になりますので、一人で患者を背負い込むということもありません。

病院の病床管理として働く

最後に、病院の病床管理をするという仕事も人気があります。朝から夕方までは常勤の医師が患者を診察することが多いのですが、夜には家に帰宅してしまうため、夜中に病院全体の病床を管理する要因が必要になってきます。そんな時に必要なのが、アルバイトとして働くことが出来る医師です。同時に透析管理や、夜中の緊急外来などを任されることもありますが、基本的に看護師が見回ることになりますので、医師がする仕事は責任者としての管理のみです。

医師のバイトの利点は、給料が高いだけでなく、数日から数週間の単位でシフトを提出できることが挙げられます。